慢性腰痛 治し方

ここでは「長い間、腰痛で悩み続けている人」で「痛みの原因がはっきりしない慢性腰痛」にお悩みの方に贈る、私の「ばっちゃん(祖母)」がためして「治らない慢性腰痛を治す治った」治し方です。

たった「4つの治し方」で誰でもカンタンに取り入れることができますので試してみてください!

私の「ばっちゃん」は70歳前半で何十年にも渡り腰痛に悩まされてきました。
慢性腰痛で受診した病院や接骨院などは数え切れず「道場破り」のように渡り歩き「ここの医者もあかんわ!」などいって満足せず「適当に病名を付けるけど治らない」と腰痛を治すためにアチラコチラに出向いて受診していました。




そんな「ばっちゃん」が近頃、すこぶる元気がよい!
腰痛のことなんか気にもしないで家の事やお友達との活動にも積極的に参加しているのです。

ばっちゃんに聞くと「治らない腰痛は治った!もう医者いらずじゃ」と語ったのでした。
ばっちゃんが試した簡単な方法で「治らない慢性腰痛の治し方」をお伝えしようと考えました。

このページの「目次」はここですよ!

慢性腰痛の治し方!治らない治す治った「ばっちゃんの4つのストレッチ」とは

長い間、腰痛に悩まされていた「ばっちゃん」は医療機関や接骨院関連などに出向き改善はされるものの、すぐに腰痛を再発して「痛みや・シビレ・重だるさ」を訴えて「不安や怖さ」で日常の生活まで支障をきたす有り様でした。

それが、たった1回の講習会で「東大病院の講師さんのアドバイス」を受けた事により、長く患っていた「慢性腰痛」が劇的に改善され、その後も再発なく念願だった「運動」も何の気兼ねも心配もなく楽しめるようになったのです。

治らない腰痛「4つのストレッチで治った慢性腰痛の対処法」ばっちゃんの「医者いらず」が実現した!

東大病院の講師の先生に教えてもらった腰痛の対処法は下記の4つの運動療法で、ばっちゃんの慢性腰痛は約1週間で改善されました。
そして続けて再発は一切ありません。

これって「スゴくない」ですか?!

慢性腰痛 治し方 4つのストレッチ

この「ストレッチにつてのポイント」は・・・
はじめは出来ないけどできるところまで近づけること」そして「最大のポイントは脱力じゃ」と言っていました。

「脱力ってなんのこと?」と思いましたが、私もやってみて納得!

各ストレッチを体験しながら出来るところまでで、思い切って「リキんだ全身のチカラを抜く=脱力」となんと「痛みのある箇所がズンと重く引っ張られる」ような感覚を感じられるのです。

私は現在30歳前半で仕事でのデスクワークが永く肩や腰もこっていましたが、このストレッチを試してみると腰以外でも「肩こり」の箇所が明確にわかったようで、翌日は爽快でした!(笑

それでは4つのストレッチのやり方をご説明しますね。

「腰をねじる」ストレッチの仕方、腰と肩のコリが伸びますよ

これ、最初に私がやって「脱力」したとき腰と肩のハリが体験でき、腰の痛みは肩も関連しているのかと実体験したポーズです。
身体の硬い方は無理しない程度にトライしてください。

「腰をねじる」ストレッチの仕方

どうですか?初めてやって「脱力=体の力を抜く」した時に「重くハリを感じ伸ばされている感じ」を体験できましたか?

それでは2番目を説明します。

「膝かかえ」ストレッチの仕方、腰の右か左それとも全体にハリを知ろう

このストレッチでは腰痛の痛みの箇所が分かります。腰のハリは右ですか左ですか、それとも全体でしょうか?
ストレッチ工程のNo.2で左右を確かめた後、No.3で全体を感じてください。

「膝かかえ」ストレッチの仕方

腰痛の痛みの箇所がわかればOKですよ「重くハリのある箇所を意識」しておけば、このストレッチで筋肉や筋を伸ばしてください。

それでは3番目を説明します。

「ひじ立て+ひざ曲げ」ステレッチの仕方、ズンとした重だるいハリを知ろう

この「ひじ立て+ひざ曲げ」のストレッチは、ばっちゃんの好きなストレッチ体位です。
脱力することで腰の重みを内蔵にかけ、「ズンとした重だるいハリ」を感じられるので、腰の筋肉や筋が伸ばされる感覚が良くわかり感じる体位らしいです。

「ひじ立て+ひざ曲げ」ステレッチの仕方

ちなみに膝を曲げて太もものハリ(表か裏)を感じる方は、ここも腰痛の原因ですよ。
筋肉が硬くなっているので伸ばしましょう。

最後に4番目を説明します。

「タオルで脚上げ」ストレッチの仕方、はじめは無理しないでできるとこまでで

お年寄りや筋力の弱い方には少しむずかしいかもしれませんが、最初はできるところまでで「脱力」して感じてください。
寝転がった状態で行ってくださいね。座った状態では脚にタオルを掛けたときひっくり返ることがありますので注意です。

「タオルで脚上げ」ストレッチの仕方

左右の脚の裏側筋肉と筋が引っ張られる感覚がわかればOKです。
ここも腰痛に関連している箇所なのでストレッチでほぐしてください。

「治らない腰痛を治す4つのストレッチ」ばっちゃんからの「アドバイス」

ばっちゃん曰く「原因が明らかでない腰痛持ちのストレッチ運動療法じゃ。」と言って下記の注意点を教えてくれました。
このストレッチは「原因が特定できている腰痛」には向きません。医師の指導を受けてください。

  • 「最低1週間は寝る前か風呂上がりにおこなうこと」
    永くわずらった慢性腰痛は、すぐには効果は現れません。でも1週間もすると徐々に「あれッ」と体感するようになります。できれば1ヶ月は続けましょう。
  • 「痛みが怖いから緊張してリキまない⇒できるところで脱力」
    とにかくリラックスしてリキまず、はじめはできる体位ではじめてみましょう。「脱力したなら深呼吸」して適度に行うこと。
  • 「はじめは無理するな」
    お年寄りや体力に不安がある方で関節に痛みがある方は無理せず「無理に曲げようとはしないこと」ストレッチで痛みがひどくなれば速やかにやめてください。

この3つが体験した講習会での注意点だと「私はこれで医者いらずになったのじゃ!」とも言ってました。
あとは色々先生が言ってたけど「忘れた!?」とも言ってました(汗・・・。

最終目標として、このストレッチで「痛みや硬さや重さを感じなくなる」までがゴールで、ばっちゃんは腰痛を改善し克服できたそうです!
彼女は毎晩このストレッチを布団の上で続けています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ばっちゃんが実践した4つのストレッチは実際に効果はありました。
けどこれって彼女だけかもしれません。

そこでもう少し詳しく少し不安ですが・・・いくつか聞いて私なりに理解して説明をさせて頂きます。