*

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんは受けるべきか?時期やうつる対処

公開日: : 健康

インフルエンザ予防接種 赤ちゃん 受けるべきか

風邪が流行り出すと次に来るのはインフルエンザです。ワクチンを接種して対策を打てますが、インフルエンザ予防接種は赤ちゃんは受けるべきか悩むお母さんもいると思います。

予防接種をするにあたり、適切な時期もありますのでスケジュールをしっかり立てておく必要もあります。

予防接種をしてもインフルエンザにうつることもあります。自宅での看病の仕方についてもまとめました。

参考サイトインフルエンザの予防接種は赤ちゃんに必要?
参考サイト加湿器を使ってウイルスの生存率を下げる方法

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんは受けるべきか?同時摂取は可能?

寒くなってくるとインフルエンザが気になりだしますよね。インフルエンザ予防接種は赤ちゃんは受けるべきなのでしょうか?

インフルエンザ予防接種はいつから赤ちゃんは打てるの?

家族そろってインフルエンザ予防接種を受けると思いますが、赤ちゃんがいるご家庭では「うちの子って摂取できるのかしら?」と気になる方も多いと思います。

赤ちゃんの場合、生後何カ月からインフルエンザワクチンを接種することができるのでしょうか。

インフルエンザの赤ちゃんの予防接種はいつから?

インフルエンザワクチンの接種は、生後6カ月以上から摂取することができます。

1回0.25mlを2回接種します。
日本では、インフルエンザは例年12月~3月頃に流行し、例年1月~2月に流行のピークを迎えています。ワクチン接種による効果は、摂取してから2週間程度必要となってきます。

毎年10から11月中旬までにワクチン接種を終えることがいいですね。

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんは受けるべきか、受けないべきか?

生後6カ月からインフルエンザ予防接種ができますが、「1歳まではワクチン打っても有効性がないから摂取する必要ないよ。」というお医者さんもいます。

インフルエンザ予防接種は赤ちゃんには効果がない?

厚生労働省から、乳幼児におけるインフルエンザワクチンの有効性について次のように記載されています。

在国内で用いられている不活化のインフルエンザワクチンは、感染を完全に阻止する効果はありませんが、インフルエンザの発症を予防することや、発症後の重症化や死亡を予防することに関しては、一定の効果があるとされています。

乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関しては、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。また、乳幼児の重症化予防に関する有効性を示唆する報告も散見されます。(参考:Katayose et al. Vaccine. 2011 Feb 17;29(9):1844-9)

出典: 乳幼児におけるインフルエンザワクチンの有効性

※1.平成14年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「乳幼児に対すインフルエンザワクチンの効果に関する研究(研究代表者:加地正郎(久留米大学))」
※2.平成26年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業「ワクチンの有効性・安全性評価とVPD (vaccine preventable diseases)対策への適用に関する分析疫学研究(研究代表者:廣田良夫(医療法人相生会臨床疫学研究センター))

このことからも、乳幼児へのワクチンの有効性が確認されています。

インフルエンザワクチンを打たない担当医だった場合で、親がどうしても摂取させたいと考えている場合は、別の小児科を探してみるといいでしょう。

インフルエンザ予防接種と他の予防摂取は可能か?

インフルエンザと他の予防接種を同時に摂取することは可能です。

インフルエンザに限らず、どの予防接種を同時に摂取しても問題ないとされています。
日本小児科学会から「日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方」が次のように発表されています。

  1. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に摂取して、それぞれのワクチンに対する有効性について、お互いのワクチンによる干渉はない。
  2. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に摂取して、それぞれのワクチンの有害自称、副反応の頻度が上がることは無い。
  3. 同時摂取に置いて、摂取できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数に原則制限はない。

出典: 日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方

このことから、インフルエンザワクチンと他の予防接種との同時接種は、保護者と医療関係者の時間的負担の軽減においても有効で、国内では新生児をワクチンで守る必要な医療行為としています。

私の同時摂取の体験談

うちの子は予防接種をする時に、同時摂取をしました。両手両足に1本づつ、計4本を同時に打ちました。

大泣きしましたが、特に副反応もなく元気に過ごしていました。

同時摂取をすると、親の時間的負担が減るし予防接種のスケジュール管理も軽減します!

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種で赤ちゃんが摂取する時期は?理想的なスケジュールは?

インフルエンザも気になるところですが、赤ちゃんは定期接種がたくさんあります。

予防接種でインフルエンザを含めたスケジュールは?

インフルエンザも気になるところですが、赤ちゃんは定期接種がたくさんあります。

まずは、インフルエンザワクチンを接種する前に定期接種を適正な時期に接種させてあげましょう。

そのうえで、任意接種であるインフルエンザワクチンをどのタイミングで摂取させるべきかスケジュールをたてましょう。

予防接種は定期接種を軸にスケジュールをたてましょう!

まず、インフルエンザワクチンが摂取できる6カ月までの赤ちゃんは、次の定期接種はすませておきましょう。

  • B型肝炎 2回
  • ヒブ 3回
  • 小児用肺炎球菌 3回

他にもBCGやヒブ、MRといった任意接種もあります。

参考サイト赤ちゃんのロタの予防接種は必要か?
参考サイト赤ちゃんのロタウイルスの予防接種の料金は?

たくさんワクチンを接種しますが、同時摂取できるので病院へ行く回数はそんなに多くありません。

インフルエンザの季節を鑑みて、予防接種の優先順位を決めましょう。

インフルエンザの予防接種をしても赤ちゃんにうつることはある?

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたからといって、必ずしもインフルエンザに掛からないわけではありません。

インフルエンザの予防接種 赤ちゃん うつる

インフルエンザは赤ちゃんに感染ることってある?

先ほど挙げたように、ワクチンを接種しても20~50%の発病防止効果があるだけです。つまりインフルエンザに感染したら、50%~80%の赤ちゃんは発病してしまうわけです。

きちんと予防接種をしたのに、赤ちゃんがインフルエンザになってしまった場合はどのように対処したらいいのでしょうか。

赤ちゃんがインフルエンザになった場合でも薬飲まないよ!

日本小児学会の指針では、1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザに掛かった場合でも、薬の投与は推奨しないとされています。

インフルエンザに対する出生後早期の新生児への対応

出典: インフルエンザに対する出生後早期の新生児への対応

*)日本小児科学会「2010/2011 シーズンのインフルエンザに対する出生後早期の新生児への対応案
**)添付文書には記載はないが、安全性のデータが蓄積されてきており、十分な説明を行った上で、投与を考慮することが必要です。
***)呼吸器疾患のある10歳以上の小児には、中枢神経系症状などの副作用について注意を行った上で投与を考慮することが必要です。

つまり、インフルエンザになったからといって病院へ行っても薬をもらうことはできないんです!
薬をもらうことができないとしたら、どのように看病すればいいのでしょうか。

インフルエンザの看病 赤ちゃんの場合

1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザに感染した場合、薬での治療ができません。

ママが自宅で看病することになります。
赤ちゃんがインフルエンザになった時の看病のポイントをまとめました。

  • 水分をこまめに与える
    嘔吐や下痢がある場合、脱水状態になってしまいます。水分を与えて脱水症状にならないようにしてあげましょう。「経口補水液」がおすすめです。
  • 離乳食は無理してあげなくてもOK
    食欲がなければご飯は無理してあげなくて大丈夫です。水分さえ取れていればいいでしょう。もし食べられそうなら、アイスやゼリーといった栄養価の高い食べやすいものをあげてください。
  • 喚起をこまめにしよう
    窓を閉め切っているとウィルスが充満してしまいます。寒いですが、こまめに窓を開けて喚起しましょう。
  • 熱がある時は薄着
    汗を沢山かけば早く治る!と思って厚着をさせ汗を沢山かかせてしまう親御さんもいると思いますが、それは迷信です!赤ちゃんは体温調節がまだまだ未発達です。熱があがりきってこれ以上体温は上がらないなと感じたら、薄着にして熱を逃がしてあげてくださいね。

参考サイト赤ちゃんが風邪の時お風呂は熱があっても入れる?
参考サイト風邪に効く飲み物と食べ物と言えばなに?!

呼びかけに反応しない、呼吸が荒く苦しそうというように、急激に悪化してしまったと感じたらすぐに医師の判断を仰ぎましょう。夜間や休日であっても病院へ行ってください。

まとめ

いかがでしたか?
インフルエンザ予防接種を赤ちゃんが受けるべきかどうかについてまとめました。

6カ月以上から摂取できますので、担当医と相談してワクチン接種の時期やタイミングを選ぶといいですね。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

pc用

pc用

関連記事

インフルエンザ 予防接種 運動

インフルエンザの予防接種のあと運動やお風呂はダメ?副作用は?

インフルエンザが流行る前にお子さんに予防接種を受けさせるお母さんも多いと思います。 気にな

記事を読む

赤ちゃん ロタ 予防接種 必要

赤ちゃんのロタの予防接種は必要か?料金と気を付ける事はどうなの?

赤ちゃんの予防接種には定期接種のほかに、任意接種という予防接種があります。 その中にロタの

記事を読む

赤ちゃん ロタウイルス 予防接種 料金

赤ちゃんのロタウイルスの予防接種の料金は?いつまでに?副反応は?

赤ちゃんのロタウィルスの予防接種の料金についてまとめました。 接種期間が決められているワクチン

記事を読む

花粉症グッズランキング

花粉症対策グッズランキング!薬と鼻栓とめがねで人気のおすすめは?

花粉症シーズンになると毎年つらいという方も多いと思います。特に、外で働いている男性の方はさぞ大変

記事を読む

幼児 インフルエンザ

幼児がインフルエンザに掛かる時の症状は?処方される薬と注意点は?

毎年12月ごろになるとインフルエンザが流行りだします。 幼児がいるお母さんは、「うちの子の

記事を読む

赤ちゃん 風邪 お風呂 熱

赤ちゃんが風邪の時お風呂は熱があっても入れる?子供の入り方コツ

風邪をひいて熱がある時、あなたはお風呂に入りますか? 「赤ちゃんが風邪を引いてるときはお風

記事を読む

風邪 りんご

子供の風邪にはりんごの効果で!赤ちゃんにもおすすめ!

子供って、次から次に風邪を引きますよね?時には兄弟でうつしあったりすることも… そんな時に

記事を読む

汗かき 治すには

汗かきを治すには?食べ物と漢方から多汗症を克服しよう!

標準体重で肥満体系ではないのに普段から汗かきで困っていて治す方法を知りたい人必見です! 周

記事を読む

気象病とは

気象病とは気圧と自律神経に関係あるの?治療と薬と予防はどうなの

気象病とは聞きなれない病名だと思いますが、実はあなた自身も気象病かもしれないと疑ってみる必要があ

記事を読む

インフルエンザ 症状 予防接種済

インフルエンザの症状で予防接種済と風邪は?子供の看病と家族感染

インフルエンザの症状は予防接種済みでも出ることがります。 風邪のような症状が出たけれど、これっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

多肉植物 育て方 初心者
多肉植物を簡単に初心者の育て方!寄せうえのコツと増やし方も!

今大流行の多肉植物、育て方が難しいと感じている初心者さんもコツがつ

慢性腰痛 治し方
慢性腰痛の治し方!治らない腰痛治す治った「ばっちゃんの4つの方法」

ここでは「長い間、腰痛で悩み続けている人」で「痛みの原因がはっきり

超音波アロマディフューザー 人気
超音波アロマディフューザー人気のAroma Lamp Diffuserを使ってみた!

アロマっていいですよね。香りの力でイライラを沈めてくれたり、ぐっす

キャンプ テント 虫よけ
キャンプでテントの虫よけは?おすすめアイデアやスクリーンはこれ!

夏キャンプは最高です!でもテントの虫よけ対策は絶対です。キャン

サングラス 紫外線対策 おすすめ
紫外線対策のサングラスのおすすめは?紫外線カット表記と選び方も!

日差しが強くなり、紫外線対策が気になり始めるこの季節。日焼け止めや

→もっと見る

PAGE TOP ↑