超音波アロマディフューザー 無印良品

無印良品の超音波アロマディフューザーが気になっている方で購入したいと想っている方は多く「使ってみた」感想や「使い勝手や使い方」など「お手入れの仕方」も知りたい人も多いと思います。

ここでは、そんな方に「アロマに魅せられて17年になる私」が実際に使ってみてためしてみました!
使ってみたディフューザーは無印の「超音波うるおいアロマディフューザー(HAD-001-JPW)」です。

初めての方でも使いやすいのは口コミでも人気の高い超音波アロマディフューザーの無印良品の商品ですが、今回はその特徴や使い方、お手入れの仕方をまとめました。

このページの「目次」はここですよ!




超音波アロマディフューザー無印良品の特徴は?

超音波アロマディフューザーは水のタンクに数滴垂らしたエッセンシャルオイルを超音波でミストにしてお部屋に拡散させる機械です。
熱や火を使わないので安全で香りの広がりも良いことからとても人気があります。

参考ページ >>無印のアロマディフューザーの使い方!
参考ページ >>アロマディフューザーの選び方

超音波アロマディフューザー無印良品の商品は?

無印良品には「超音波うるおいアロマディフューザー」と「超音波アロマディフューザー」の2種類があります。

無印良品 ディフューザー 比較

CHECK ! >>無印良品 超音波アロマディフューザーを見る

超音波うるおいアロマディフューザー」は対応スペース「約12~15畳」の広さでも使える大容量のタイプで、「超音波アロマディフューザー」は対応スペース「約6~8畳」の広さで使う小型タイプです。

注意:対応スペースは加湿の適用床面積ではない!

加湿量と対応スペースの違い

無印の超音波アロマディフューザーの「対応スペース」は一見すると「加湿の適用床面積」として認識する方がいます。

もし、そうだとすれば間違いです。
上記の表には「1時間のミスト量」が表示されていますが、これを日本電機工業会の「加湿量と適用床面積」で見比べてみますと明らかに加湿量は不足しています。

これらを考えますと「無印の対応スペースは香りの適応畳数」として認識して購入するべきです。超音波ディフューザーを加湿器として購入する方が増えてきています。
無印良品は「良心的」でこのような表示を明確にあらわしていますが、他のメーカーさんは「ミスト量」の表示がなく「対応スペース」だけです。

参考ページ >>加湿器のアロマとアロマディフューザーの違いがイマイチわからない?

超音波うるおいアロマディフューザー」は、大容量というだけあって、本体は直径約16.8cm×高さ12.1cmとやや大きめです。
大きめの本体ですが、重さは約520gと見た目の割に軽いなという印象です。

ディフューザーの大きさ

一方「超音波アロマディフューザー」は本体が直径約8cm×高さ14cmとスッキリとした感じです。重さは約220gです。

ディフューザーの大きさ

どちらも無印良品ならではのシンプルなデザインで、どんな雰囲気のお部屋にも馴染みます。
本体は白ですがつや消しになっているので、指紋や汚れは目立ちにくいところもうれしいですね。

超音波うるおいアロマディフューザーの特徴は?

無印 超音波うるおいアロマディフューザー

今回は「超音波うるおいアロマディフューザー」についてご紹介していきます。

蓋を開けると、そのままタンクになっています。最大で350mlまで水が入る大きさです。

水タンク

ここに直接水道水とエッセンシャルオイルを入れて使用します。
とても口が広いので、こぼす心配がないですね。

そして、この超音波アロマディフューザーのいいところは吹き口を360度自由に調節できるというところです。
蓋が固定されていないので、蓋のところをクルクルと回せばどの方向でも向けることができます。

回転する吹き出し口

向きを変えようと本体を動かすと、揺れて水があふれてしまうこともあるので、この仕組みはうれしいなあと思いました。

ライトは2段階で調節可能で、強は照明として使えるくらい明るいです。
弱はもう少し暗めです。写真では白っぽく写っていますが、ホッとする雰囲気を演出するような優しいオレンジ色をしています。

ライト強

ライト弱

タイマーは4段階で180/120/60/30分。1時間あたりの電気代は約0.41円です。

私は性格が雑な方なので、口の広い水タンクの水の入れやすさ、掃除のしやすさと本体を動かさずにミストの方向が変えられるところが特にお気に入りです。