*

アロマディフューザーの選び方とポイントは?どんな種類があるの?

公開日: : 最終更新日:2016/04/09 アロマ , , ,

アロマディフューザー

アロマディフューザーはアロマテラピーに欠かせないアイテムになっています。
でもいろいろなアロマのディフューザーがあるのだけど「なにが一番私に適している」のがわからない方に。
アロマディフューザーの選び方と種類を説明しています。

この頃は、アロマに関してアロマディフューザーのほかにアロマ加湿器なども出回ってきていますが、これはオマケの機能なのですよ長時間使用することによってアロマオイルの成分によっては酸化して腐食することもあります。

加湿器は年間通じて使えませんが、アロマに加湿を組み合わせたおまけ機能の加湿器を使って香りを楽しむのなら、本格的なアロマディフューザーを使って楽しむのが一番です。

スポンサーリンク

アロマディフューザーの種類

アロマディフューザーと言っても様々なものが売りだされているますので、目的にあったお気に入りのアロマテラピーが出来る器具を探すのが楽しみですね。

いろいろなアロマディフューザーを紹介します。

1.アロマドロップ式

アロマドロップ式

アロマの香りをお部屋いっぱいに「香らせたい!」願望の持ち主でしたらドロップ式がおすすめです。
不思議なつぼ型のガラス容器にエッセンシャルオイル(精油)を原液のまま使いますので水や熱は使いません。

内蔵ポンプの力で空気中に気化させてお部屋の中に届けますので、アロマの成分が水や熱で薄まったり成分変化もしないため香りを存分に楽しめちゃいます。

コンパクトな作りでお部屋の何処においてもマッチしますが、本格的な作りのガラスなので扱いに注意したい逸品です。

ただ、香りが本当に凄く漂うので調節出来るコントローラがあればよいでしょう。このドリップ式は店舗や広いお部屋で使っているユーザーが圧倒的に多いのです。

プライベートなお部屋では持て余す恐れもありますね、一軒家のかたは家中アロマに満たされることでしょう。

欠点は「オイルの使用消費は多い」こと、薄めないで使いますのですぐ無くなります。あたりまえだけど賢く使ってください。
そしてお手入れも手間がかかると言われる方もいますが、個人の主観の問題ですから、アロマを楽しみたい人には関係ないかもしれません。

アロマは四六時中使うものではありません。お香のようにリラックスしたい時に楽しむもので、心配しなくても残香は比較的長く残ります。

2.アロマランプ式

アロマランプ式

インテリアにマッチしたアロマにおいての「アロマランプ」は電灯(電球)の熱でエッセンシャルオイルを温めて香りを拡散させるため、火は使いませんので安全ですし、超音波式のようなカルキが飛び散ったり、付着したりしません。

特徴として高熱ではないので「ジワジワ」香りが漂います。アロマポットと同じくお湯や水にエッセンシャルオイルを数滴垂らしてお使いください。

アロマランプで検索すると「電球式」の他に専用のアロマオイルを使った燃焼式のランプ(理科実験で使った懐かしのランプ)もありますので間違わないでくださ。

アロマランプには間接照明や常夜灯のような機能も備わっていますので使い方次第ではアロマ以外でも使えます。
LED電灯を使ったものまで有りますが、LEDの電灯では熱が発生しませんのでワックス(芳香剤)を使用していますのでアロマとしては少し疑問ですね。

ランプを選ぶなら受け皿が広いものがオススメです、オイルやお湯を投入しづらいし、容量が小さいとすぐに蒸発してしまいます。
間接照明として、アロマ効果も望めますので、使用用途は広く安全です。

3.アロマポット

アロマポット

アロマテラピーに昔から使われている「アロマポット」馴染みがある方も多く雑貨屋さんでもご覧になった方もいるんじゃないですか。

キャンドルに火を灯して、アロマポット(カップ)にお湯または水を入れてエッセンシャルオイル(精油)を数滴(3~5滴)を垂らします。
キャンドルの熱で精油を入れたカップから徐々に香りが揮発して、ほのかに香りが際立ってくる逸品です。

水を使えば少し時間がかかりますので、できればお湯を使いましょう。また、いろいろお好きなエッセンシャルオイルをブレンドして香りを楽しむこともできちゃいます。

ミツロウや好みのキャリアオイルを入れてキャンドルの炎で溶かしてクリームなどのコスメを自分で作ることもできちゃいます。
さらに芳香剤として「サシェ=香り袋」の中身も作ることが出来ます。

取り扱いにはやはり、キャンドルの火には注意してください。そしてお子さんとかペットには注意が必要です。

アロマポットは使用中容器が高温になりますので、空焚きなどには注意し、燃えにくい所で使用して「やけど」にも注意してくださいね。
もちろん就寝中には使わないことも一例にあげておきます。

4.超音波式とフィルターディフューザー

超音波アロマ

今流行の超音波式のディフューザーです。水の容器に数滴溶かしたエッセンシャルオイル(精油か専用オイル使用指定有り)を超音波でミスト(霧状)にしてお部屋に拡散させる方式です。熱や火を使わない水と風だけを使い強制的にお部屋に香りをミストにして届ける逸品です。

アロマポットやランプより優れていると言われていますが、ミスト発生能力(加湿)は抑えられているものの使用するお部屋の環境によっては限定される場合があります。

手軽で扱いやすですが、お部屋の湿度は季節によって上がることもお考えください。また、アロマ加湿器という名称で加湿器の副機能とし多くが売りだされていますので、間違って購入しますと加湿器を買ってしまった事にもなりかねません。

アロマ加湿器とアロマディフューザーの違いをよく認識してお選びください。

超音波ディフューザーの中には「フィルター」を使った気化式も存在します。これはエッセンシャルオイル(精油)を水タンクに溶かさないタイプで風を取り込む吸気口近くのフィルターにオイルを垂らすことでミストと一緒に香りも飛ばしているものです。

フイルターに原液を垂らしますので即効性があるものの持続性には疑問があります、また異なった種類のオイルはフィルターを交換しなければ混じり合った香りになる恐れもあり使い勝手が良いのかは疑問ですね。

取り扱いにおいて、長期間タンクの水を放置すれば雑菌がワキます、さらにカルキのお多い水道水を使えばカルキを飛ばしたり機械に付着します。

また簡易型の加湿器として、ご自分の周りだけ加湿すればいいという解釈で使用する方もいらっしゃいますが、この場合湿度は高いところから低いところへと移動しますので、効果は見込めないでしょう。

スポンサーリンク

アロマディフューザー選び方=私の独断と偏見

拡散力が強い!のをお好みなら断然「ドロップ式」ですね、本当に家中香りが漂います。
オイルの消費が欠点ですが、一度使えば香りは長時間保たれます。住まいの中で生活している人はわからないかもしれませんが、来訪者にはわかるようで、定期的に使っています。
※毎日、四六時中使わないほうが良いですね。

「ランプ」は容量が小さいので、比較的小さいスペースでの使用でジワジワときます。
また「ポット式」は個人的には昔から使っているので馴染みがあり取扱に注意すれば手軽に楽しみながら使え、コスメやサシェを造る時に役立ちます。

「超音波」については手軽に使えそうで、良いとは思いますがアロマテラピーを以前から使っている方なら選ばないでしょう。(すでに器具持っているから)ですから今から始めるアロマの入門器具としてなら良いかもしれません。

各種アロマディフューザー比較表

方式 拡散力 安全性 メンテナンス
ドロップ式 強い
店舗・大部屋用
良い
気化式
普通
エタノール(無水or消毒)
ランプ式
プライベート
普通
電気の熱
普通
エタノールor中性洗剤
ポット式
リビング・プライベート
普通
キャンドルの火
普通
エタノールor中性洗剤
超音波式
リビング・プライベート
良い
超音波ミスト
普通
取り扱い説明による

拡散力で言うならば・・

  1. ドロップ式のディフューザー
  2. アロマランプ(電気)
  3. アロマポット(ろうそく)
  4. 超音波式ディフューザー

になるのでしょう。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アロマディフューザー

アロマディフューザー雑記

アロマテラピー

アロマ加湿器との違い

長期間プラスチック製の加湿器の容器にオイルを使うとオイルによっては酸化して腐食したり(振動部分)、効果が出ないケースが有ります。

ディフューザーも同じことで、プラスティック製の容器ではオイルによって酸化することも考えられます。

アロマの香りを正しく楽しみたいのなら「ガラス容器」か「陶器」が最も適しているのです。
超音波式の加湿器やディフューザーでは香りが水っぽくなり満足しない方もいらっしゃいます。

エッセンシャルオイル(精油)とソリューション(専用アロマオイル)の違い

各種ディフューザーには2つのオイルどちらかを使用します。
植物性の精油でしたらエッセンシャルオイルで天然100%のピュアオイルがオススメですが、使用する器具によってソリューション(専用アロマオイル)を指定しているメーカーさんが有ります。

ソリューションは天然100%ではなくて合成された水に溶けやすいオイルになっています。

エッセンシャルオイル(精油)は脂溶性で水には溶けませんが、香りのブレンドや入浴時にお風呂に入れたり、コスメやサシェを造るアロマクラフトがやりやすですね。

ディフューザーのお手入れ方法

脂溶性のあるエッセンシャルオイル(精油)なので水に溶けません。
したがってお手入れとしては使用後は中性洗剤でサッと洗ってすすいでも落ちますが、ドロップやランプ式などの原液を使った場合は「エタノール(無水でも消毒でも可)」を使ってお手入れしましょう。

ドラックストアで売っているエタノールでOKです。テッシュに含み汚れが付いたガラスをナゾレば綺麗に落ちますし、手が入らない容器でもエタノールを注ぎ運転すれば詰まりなどのトラブルも防げます。

まとめ-アロマ除菌・消臭・洗浄スプレー

アロマ除菌・消臭・洗浄スプレーを使った日常

スプレー
  1. 使い終わったスプレー容器を用意します
  2. 容器の半分ほどに無水エタノールを注ぎ込みます。
  3. 好みのエッセンシャルオイルを数滴(私は10滴前後)垂らします。
  4. 残りの容器に水道水を入れて満タンにして混ぜていきます。

このスプレーはお掃除やキッチン周り(レンジ・オーブンも可)に使えますよ、私も友人から教えてもらってから余ったエッセンシャルオイルで好みの柑橘系を使っています。我が家ではトイレやお風呂場には欠かせないスプレーになっています。

アロマテラピーを始めて今日まで、香りを様々な所で使って楽しみアロマクラフトも今では楽しんでいます。コスメや香り袋を作ったり上記のスプレーも今では必需品。

あなたも初めてみませんか?

スポンサーリンク

pc用

pc用

関連記事

アロマディフューザー ランキング

アロマ ディフューザーの人気のランキング!部屋別や香りと効果別でも!

アロマディフューザーを初めて購入したいけれど、種類が多くてどれを選んだらいいかわからない方必見で

記事を読む

アロマの香り強いものはどれ?

アロマディフューザーで香り強い広がる持続する人気のおすすめは?

アロマディフューザーには種類がたくさんありますが、その中でも「香り」が強くそして持続できお部屋中

記事を読む

アロマディフューザーのおすすめのオイルは?

アロマディフューザーのおすすめのオイルは?香りを水なしでも。

普段からアロマディフューザーを使って香りを楽しんでいるかと思いますが、体調管理が気になる季節です

記事を読む

アロマミストディフューザー使い方

アロマミストディフューザー使い方!オイル以外と掃除の仕方も!

アロマミストディフューザー使い方がいまいちよくわからない方に、正しい使い方をご紹介していきます。

記事を読む

アロマディフューザーの比較を超音波で

アロマディフューザーの比較を超音波で体験しまとめ!掃除の仕方も!

アロマディフューザーの中で比較をしたいけれど多くの店舗で色々なものが販売されており、超音波タイプ

記事を読む

アロマポット アロマディフューザー 比較

アロマポットでアロマディフューザーの比較!メリットや超音波式も!

アロマポットといっても様々なものがあり、私に一番おすすめのアロマディフューザーはいったいどれだろ

記事を読む

アロマの機械の値段

アロマの機械の値段は?安いおすすめの精油の価格も紹介!

アロマの機械を購入してアロマ生活を楽しみたいけれど、値段がいくらするのか気になりますよね。

記事を読む

アロマミストとは

アロマミストとは作り方も!香りのブレンドと車でもリラックス!

アロマミストを使いたいけれど、アロマミストとはいったいどのような効果が得られるのか気になる方も多

記事を読む

アロマ加湿器

アロマの加湿器を選ぶポイントは?超音波式アロマ加湿器の選び方は?

アロマ加湿器は熱や火を使わない超音波タイプのもがあります。小さい子どもがいる部屋でも使えて、子育

記事を読む

アロマ 夏バテ対策

アロマで夏バテ対策!効能とレシピで夏風邪も香りで免疫力アップ

アロマには夏バテ対策、夏風邪予防にも効果があります。万が一夏風邪をひいてしまっても、夏の香り

記事を読む

Comment

  1. […] 参考サイト>>アロマディフューザーとは?選び方も詳しく […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

クリスマス女子会のおすすめはケーキを家で手作り!
クリスマスの女子会 おすすめプラン!お菓子の家やケーキを家で手作り

クリスマスに仲の良い女友達と家に集まってクリスマス女子会を開きませ

インフルエンザ 解熱後
インフルエンザの解熱後の登校や出勤どうしてる?咳や頭痛あり検査?

インフルエンザが流行してきました。やっと治って解熱後、学校の登校や

クリスマス お菓子 手作り 人気
クリスマスお菓子手作り人気は?スモアで焼きマシュマロ失敗しない家で

クリスマスの準備していますか?今年はお菓子も手作りしてアットホーム

クリスマス お菓子の家 簡単
クリスマスのお菓子の家を簡単に!作り方と無印のキットを紹介!

クリスマスには子供と一緒に憧れのお菓子の家を作ってみたいと思ってい

卒園式 服装 ママ
卒園式の服装はママどうしてる?20代30代40代を写真で紹介!

春になると待ちに待った子どもの小学校の入学式の前にあるのが、幼

→もっと見る

PAGE TOP ↑