*

紫外線対策のサングラスのおすすめは?紫外線カット表記と選び方も!

公開日: : 美容

サングラス 紫外線対策 おすすめ

日差しが強くなり、紫外線対策が気になり始めるこの季節。
日焼け止めや帽子だけで万全ですか?実は目にも紫外線が入るとよくない影響があるんです。

目を紫外線から守るにはサングラスがおすすめ。でもいざ選ぶとなると、紫外線カット表記やレンズの色やフレームの形などお悩みポイントがいっぱい。

どうせなら機能だけでなく、自分に似合うものを選びたいですよね。サングラスの選び方もご紹介します。

参考サイト>>夏の紫外線対策で服装はどうしてる?
参考サイト>>夏は髪の紫外線対策で髪の毛の傷みを克服!

スポンサーリンク

目の紫外線対策にはサングラス。おすすめはどんなタイプ?

夏が近づき、日差しが眩しく感じられるようになってきました。実は真夏よりも紫外線が強いのが春から初夏にかけて。もう紫外線対策は始めていますか?

日焼け止め、帽子など肌への対策は気にかけていても、意外と見落としなのが目への対策。紫外線は目にも影響を及ぼすって知っていましたか?

CHECK !>>紫外線対策 サングラス を楽天で見る

紫外線による目への害

紫外線は波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。このうち地上に届き人体に害を与えるのはUVAとUVBと言われています。

  • UVAは水晶体(目の奥にあり、レンズの役割を果たす)にまで達し、白内障の原因のひとつになると言われています。
  • UVBは角膜(目の表面にある)に吸収されます。たくさん浴びると角膜の炎症を引き起こしてしまいます。

スポーツで長時間グランドにいたり、夏の浜辺で過ごした後など、目が真っ赤になったりショボショボしたことはありませんか?

実はこれも紫外線による影響で、軽度の場合は目の充血や痛みで済みますが、これが重度になると白内障、翼状片、加齢黄斑変性、瞼裂斑など深刻な状況を引き起こすこともあるのです。

一生使う大切な目ですから、紫外線によるダメージは少しでも減らしたいですね。

目から入る紫外線でも日焼けする!?

近年の研究で、“目に紫外線を浴びるだけでも日焼けする”という報告がありました。それってどういうことでしょう?

目に紫外線が大量に入ると、角膜に炎症が起きます。
すると、脳から『日差しが強いぞ、メラニン色素を増やせ』という指令が出ます。

それによってメラニン細胞が血液中に増え、メラニン色素が増えて紫外線をブロックします。できたメラニン色素が皮膚に沈着し、黒ずむ(=日焼けする)。

このようなメカニズムになっています。たとえ皮膚を覆って紫外線をブロックしていても、目に紫外線が入ることでメラニン色素が作られ、シミができる恐れがあるのです!

参考サイト>>シミ・そばかすにキミエホワイト

おすすめのサングラスは?

目を紫外線から守るという意味では、しっかり紫外線をカットしてくれるサングラスを選ぶことが大切です。

不思議なようですが、サングラスのレンズの色は紫外線対策とは別物と考えられています。

色の濃いサングラスをかけると、目は周りが暗くなったものと認識して瞳孔が大きく開き、光を取り入れようとします。
つまり、かえって紫外線を吸収してしまう場合があるのです。サングラスのレンズにはUVカット加工が施されていなければ効果がありません。

ちなみにサングラスの表記に「可視光線透過率」というものがあり、これはサングラスをかけたときの視界の暗さを表しています。

可視光線透過率が0%に近い方が、レンズの色は濃くなるので視界は暗くなり、数値が大きくなるとレンズの色は薄く、視界は明るくなります。100%は透明のレンズになります。

サングラスの横や後ろからも紫外線は侵入してきます。ですからフレームが大きく、目の横までカバーする、顔にフィットするタイプのデザインがお勧めです。

フレームの細いデザインが好み!という方は、つばの大きな帽子を組み合わせるといいでしょう。

スポンサーリンク

どう違う「紫外線カット」表記

紫外線をしっかりカットしてくれるレンズを使っているかが重要なポイントだということは分かりました。

では紫外線をどれくらいカットしてくれるのか、どこを見ればよいのでしょう?

紫外線対策 サングラス おすすめ

紫外線カット表記は3つ

ちまたには「UVカット」や「UVケア」など様々な表記のサングラスが販売されていて、正直どれがいいのか分からなくなりますよね。

実はこれらの表記はメーカーによって呼び方が異なり、あいまいな部分も多いのが実情です。数値できちんと表記されているものが安心です。

大きく分けて、紫外線カットの表記には次の3種類があります。

  1. 紫外線カット率
  2. 紫外線透過率
  3. UV400

サングラスをよく見ると、ついているタグやフレームにこんな表記や数字が入っていますよね。
ここで気をつけたいのは数値の見方。それぞれ詳しく見てみましょう。

1.紫外線カット率

読んで字のごとく、レンズが紫外線をどれくらいカットするかという表記です。
>当然、数字は大きい方がカット率は高くなります。例えば『紫外線カット率99%』という表記になります。分かりやすいですね。

2.紫外線透過率

こちらはレンズがどれくらい紫外線を通すか、という意味の表記で、数値が小さいほど紫外線を通さない、ということになります。
例えば『紫外線透過率1%』は、99%の紫外線をブロックします、1%しか通しません!という意味です。

3.UV400

こちらは世界でもUVに対する基準が厳しいことで知られるオーストラリアの規格です。

紫外線にはUVA~Cの3種類があることは前にも述べましたが、もう少し詳しく見ると

  • UVAは波長315~400nm(ナノメートル)
  • UVBは波長280~315nm
  • UVCは波長280nm以下

UV400とは「400nm以下の紫外線をカットします」という意味です。
UV400であれば人体に有害なUVA、UVBともにブロックしてくれるのです。

CHECK !>>UV400対応 サングラス Amazonで見る

UVカット加工の劣化に気をつけよう

UVカット加工の技術として、現在はレンズに被膜をコーティングしてあるものと、 レンズ自体にUVカット素材を練り込んであるものがあります。

注意:

価格の安いレンズは被膜がコーティングされている場合が多いようです。もちろん紫外線をブロックするのですが、安いものの場合コーティングがはがれやすいという難点があります。

レンズが黄ばんできたり、レンズ面に傷がついたりした時はそろそろ寿命のサイン。使い続けると紫外線ブロック効果が期待できない恐れがあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

フレナーラ

メガネとは違う!?似合う紫外線対策でのサングラスの選び方

しっかり紫外線対策してくれるサングラスの選び方が分かってきました。
でもやっぱりおしゃれアイテムとしても持ちたいサングラス。どうせなら自分に合うものを選びたいですよね。

紫外線対策 サングラス おすすめ 選び方

ポイントは「フレーム・眉・フェイスライン」をチェック!

サングラスを試着する時、チェックしたいのはレンズの大きさ、フレームと眉、そしてフェイスラインとのバランスです。

メガネと違い、サングラスは眉にかかるくらいのボリュームがあった方がスタイリッシュな印象になります。
大きめのレンズの方が紫外線カット効果も期待できます。

眉のラインとフレームの上のラインを合わせると、見た目もすっきり。
またあごとフレームの下のラインが合っていると、自然で顔になじみます。

レンズのカラーで自分に合ったイメージを考えよう

レンズカラーは薄い方が紫外線対策には有効であることは前にも述べました。色によって相手に与える印象も変わってきます。

1.茶色レンズ

  • 肌に近い色で自然で落ち着いた印象。服にも合わせやすくどんな場面にも使いやすいカラーです。
  • 顔の彫を深く見せる効果もあります。
  • コントラスト効果があり、曇りの日のドライブやゴルフなどのフィールドスポーツに適しています。

2.ピンク

  • 血色の良い、明るく健康的な印象を演出。目元に温かみも出ます。

3.紫レンズ

  • シャドー効果に優れているため、淡い色でも眩しさを防いでくれます。
  • お顔のくすみやシミをカバーしてくれます。

4.グリーンレンズ

  • 目元の肌色が明るくなり、優しい印象です。
  • コントラストを下げすぎず自然な見え方で、眩しさも防いでくれます。

5.青レンズ

  • クールな目元を演出。夏にピッタリのカラーです。
  • 眩しさを感じる黄色やオレンジ系の光をカットしてコントラストを下げてくれます。

伊達メガネでも紫外線対策

目は保護したいけど、サングラスはちょっと恥ずかしい。職場の規定でかけられない・・・という方に。UVカットメガネで対策しちゃいましょう!

レンズに色をつけなくても伊達メガネ風におしゃれにかけて、この夏は目元のUVケアもばっちり。

CHECK !>>伊達メガネ UVカット 楽天で見る

シーンに応じて!便利サングラス

普段からメガネをかけている人にとって、屋外ではサングラス、屋内ではメガネと持ち歩かなくてはならないのって面倒ですよね。

そんな時に便利なのが調光サングラスです。

調光サングラスとは、周囲の明るさに応じて色の濃さが変わるレンズを使ったサングラスのこと。レンズに含まれた調光素材が紫外線に反応して、レンズの色の濃さが変化します。

ただしレンズの種類によって色の変色のスピードが違うので注意が必要です。またレンズの調光機能には寿命があり、2年ほどすると調光機能は弱くなってしまうそうです。

CHECK !>>調光レンズ サングラス Amazonで見る

また、フレームにマグネットがついていて、メガネからサングラスに着脱可能という機能的な商品もありますよ!

まとめ

一生使う大切な目。夏の強い紫外線からおしゃれなサングラスで守りましょう!

関連コンテンツ

スポンサーリンク

pc用

pc用

関連記事

ファンデ選び

ファンデーション選び、肌タイプ女子大生になったなら常識でしょ!

女子大学生になったら少なくともメイクは当たり前の時代に、いまだ自己流で安易に化粧している子が多く

記事を読む

夏 日焼け ファッションどうなの?

夏の日焼け対策はファッションとしてどう?おしゃれな装いとサプリ!

夏の日焼け対策ファッションを取り入れると、田舎のおばさんぽくなってしまってどうなの?といったよう

記事を読む

ほうれい線 エクササイズ 効果

ほうれい線のエクササイズって効果はある?年代別対処方法とグッズは?

ほうれい線が気になりだしてきたので、エクササイズで効果のあるストレッチ法が知りたい!年代別の対処

記事を読む

夏 髪 紫外線対策

夏は髪の紫外線対策で髪の毛の傷みを克服!頭皮や首・耳たぶもケア

夏になり強い紫外線を浴びる機会が多くなると気になるのが髪の毛の痛み。髪がキシキシしたり、なんだか

記事を読む

夏 紫外線対策 服

夏の紫外線対策で服装はどうしてる?日焼け防止アイテムや食べ物も!

夏を前に、そろそろ紫外線対策が気になる季節。 どんな服装が有効か、毎年考えちゃいますよね。

記事を読む

デリケートゾーン におい

デリケートゾーンのにおいに石鹸で市販で対策!ダメな時はどうする?

気になるけど人には相談しづらいのがデリケートゾーンのこと。彼氏や夫がいると特に「におい」は気

記事を読む

気になる脂肪を減らす方法でお腹周りは

気になる脂肪を減らす方法でお腹周りは?足にも効く運動や筋トレを

薄着の季節になると特に気になるポッコリお腹。お腹についてしまった脂肪のせいでタイトなトップスを着

記事を読む

小顔のチーク

小顔見せチークの基本知識と簡単テクニック

女の子の憧れの「小顔」は最近話題になっていますが、本当に小顔になれたりするのでしょうか? 「顔

記事を読む

しみ そばかす 消す

しみやそばかすを消す化粧品ランキング!美白化粧水とニベアで美肌!

夏にたっぷり紫外線を浴びてしまうと、しみやそばかすが気になりますよね。 どんなに気を付けて

記事を読む

飲む日焼け止め 効果

飲む日焼け止め効果はあるない口コミは?比較と人体への影響は!

紫外線が強い季節になると気になるのがやっぱり肌が赤くなったり黒くなったりする日焼け!毎日のお出か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏 キャンプ 服装
夏のキャンプで服装はどうしてる?虫除け対策と初心者さんが気を付けること!

夏はキャンプに行きましょう!でも服装には、十分気を付けてくださいね

披露宴 両親 プレゼント
披露宴で両親のプレゼント司会者が見た!いま人気の記念品はなに?

披露宴で両親にプレゼントは宴のクライマックスです。これまで支えてく

お腹の脂肪の落とし方 女性
お腹の脂肪の落とし方女性30代から40・50代へ腹筋でない30秒運動

年齢と共に「お腹まわりがポッコリしてきたなぁ」と感じているあな

超音波アロマディフューザー 無印良品
超音波アロマディフューザー無印良品の特徴は?使い方とお手入れは?

無印良品の超音波アロマディフューザーが気になっている方で購入したい

多肉植物 育て方 初心者
多肉植物を簡単に初心者の育て方!寄せうえのコツと増やし方も!

今大流行の多肉植物、育て方が難しいと感じている初心者さんもコツがつ

→もっと見る

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑