*

幼稚園の預かり保育でパートをしたい!フルタイムと保育園どっちがいいか?

公開日: : 働く

幼稚園 預かり保育 パート

来年には子供が幼稚園に入園するのを機にパートに出るママさんも多いと思います。

預かり保育を利用してフルタイムパートで働こうか、一日数時間だけのパートにしようか悩んでいると思います。

お互いのメリットとデメリットについてまとめましたので参考にしてみてください。
また、フルタイムパートで働く場合、保育園を選んだほうがいいのか幼稚園の預かり保育を利用したほうがいいのかについても紹介しています。

スポンサーリンク

幼稚園の預かり保育を利用してパートをしたいママさんの不安を解消!

来年から子供が幼稚園に入園!幼稚園に行っている間はパートをして少しでも家計の足しにしよう!と思っているママさんも多いと思います。

子供が幼稚園入園を期にパートするのって難しい?

私の周りにも、子供が幼稚園に入園したと同時にパートに出かけるママ友もいました。

子供が幼稚園に行っている間の数時間だけ働こうか、それとも保育園に預けてフルタイムパートで働こうかと、パートをしたいけれど子供との兼ね合いで悩むことが多いと思います。

パートをしたいママさんの悩みの声と、その回答についてまとめました。

子供が幼稚園に入園した主婦のパート選びの悩み!

幼稚園を選ぶ際の基準として預かり保育があるのか確認したほうがいいの?延長保育前提で入園させるつもりでいたら「うちは保育園じゃありません!」って先生から怒られないか不安です。

預かり保育があるか確認しましょう。
今は、預かり保育(延長保育)がある幼稚園が多くなっています。働くママのサポートとして幼稚園もバックアップをしてくれていますので、延長保育を利用することで怒るような先生はいません。
時間や料金は幼稚園によって違いますので、入園前に確認しておいたほうがいいでしょう。

子供が幼稚園に行っている数時間だけ半日パート(9時から1時)に行こうか、幼稚園の預かり保育を利用してフルタイムパート(9時から5時)で働こうか悩んでいます。メリットとデメリットがあれば教えてください。

半日パートで一番のメリットは、幼稚園バスで登下校させている場合家の近くまでバスで送ってもらうことができるという事です。フルタイムパートだと、パートが終わった後に幼稚園までお迎えに行かなくてはなりません。これが一番面倒だと感じました。
バス代を払っているのに帰りは自分でお迎えに行くという理不尽さは半端ないですね。
しかしフルタイムパートの場合は、預かり保育の時間分多く働いてパート代も稼げるので、少しでも多く稼ぎたい人はフルタイムパートを選んだほうがいいと思います。

生活が厳しいのでフルタイムパートをしたいけれど、子供を預かり保育のある幼稚園に入れようか保育園に入れようか悩んでいます。どちらを選んだほうがいいですか?

まず、保育園は仕事をすでにしているお母さんを優先して入園するところが多いです。
そして、フルタイムパートよりも正社員優遇だと感じました。今現在働いていないのなら、待機児童の問題もあるので保育園に入園させることは非常に難しいでしょう。

預かり保育のある幼稚園を選んで入園させたほうが、幼稚園選びもパート選びもスムーズに進むと思います。

スポンサーリンク

フルタイムパートのメリットとデメリットは?

無事、子供の幼稚園が決まったらパート先を選びましょう!

幼稚園のママのパートの選び方は?

フルタイムパートのメリットとデメリット

パート先は、自分が楽しく働けるところを選ぶといいですね。
問題は、子供が幼稚園から帰宅するまでの半日パートにするか、預かり保育を利用してフルタイムパートをしたほうがいいのかが悩みどころです。

半日パートと、フルタイムパートのメリットとデメリットについてまとめました。

アルバイトやパートのメリットとデメリット!

今まで専業主婦だったので、3~4時間という短い時間の就業で働くことで、徐々に慣らしていくことができます。

また、子供が帰ってきた後は家事や夕飯の支度をすることも出来ますね。
数時間なので稼げるお小遣いは少ないですが、扶養の範囲内で賢く働きたいという場合は半日パートを選ぶといいでしょう。

メリット

  • 働くことに徐々に体を慣らすことができる!
  • 仕事と家事、育児がバランスよくできる!
  • 扶養の範囲内で賢く働くことができる!

デメリット

  • ガッツリ働きたいママにはちょっと物足りない。
  • 子供の帰宅時間に合わせるため、パート時間を延長するといった融通が利かない。

フルタイムパートのメリットとデメリット!

ガッツリとバリバリ働きたいママさんにはぴったりです。

専業主婦の期間があると、正社員でフルタイムとなるとちょっと気が引けてしまいますが、フルタイムパートなら働いている実感も得られて生活費の足しにもなりますね!

しかしフルタイムパートだと、いきなり8時間就業となり今までの生活とガラッと変わって疲れてしまい、続かくなってしまうことも考えられます。体と心のバランスを考えて、無理をしない働き方をしましょうね。

メリット

  • お小遣いの範囲を大きく超えて、生活費の足しまで稼ぐことができる!
  • 働いているという充実感が得られる!
  • パートだけど責任のある仕事を任せてもらえる場合もあり!

デメリット

  • 家事や育児が後回しになってしまう。
  • 子供と接する時間が少なくなる。
  • 気持ちにゆとりが持てなくなってしまう場合もあり。

スポンサーリンク

幼稚園と保育園、パートをしながら預けるならどっちがいいか?

パートをしながら子供を預ける場合、幼稚園に預けようか保育園に預けようか悩むところだと思います。

幼稚園 預かり保育 パート

幼稚園と保育園、パート主婦はどっちを選ぶ?

先ほどのQ&Aでも述べましたが、保育園は仕事をしているママさんが優先して入園できるところが多いです。

しかし、地域によっては保育園にも空きがありパートをこれから始めたいという家庭のお子さんでも入園できることもあります。幼稚園と保育園と入園先が選べる場合、どちらを選んだほうがいいのでしょうか。

保育園は夏休みなし!仕事との両立がしやすい

保育園は幼稚園と違って、夏休みといった長期休暇がありません。
「子供が夏休みだからパート休みまーす!」といったような事をしなくていいので、パート先に穴を開けることがなく、迷惑をかけなくて済みます。

夏休みをもらうことができないパート先を選んでしまった場合は、保育園を選んだほうがいいですね。

しかし、多くの地域では正社員のママさん優先ですのでなかなか入ることはできないかもしれません。

子供が幼稚園で夏休みの時は仕事を休む必要もあり?

幼稚園の場合は夏休みなどの長期休暇があるので、それに合わせてパートを休む必要があります。

しかし、夏休みでも預かり保育を行ってくれる幼稚園も増えています。

夏休みは預かり保育を利用して、その間だけパートに出かけるというママさんもいます。
長期休暇の時に預かり保育がない場合は、親やママ友、託児所の一時保育などの預け先を決めておき、その間パートに出かけるというママさんもいますよ。

まとめ

いかがでしたか?子供が幼稚園に通い出したら、預かり保育を利用してパートに出かけたいママさんの為にまとめました。

半日だけパートに出るのか、預かり保育を利用してフルタイムパートに出るのか、メリットやデメリットを理解したうえでご自分に合った働き方を選んでみてくださいね!

スポンサーリンク

pc用

pc用

関連記事

幼稚園 夏休み 預け先

幼稚園が夏休みの時の預け先!ママのパートとの兼ね合いは?

幼稚園が夏休みになったら、子供の預け先をどうしようと悩んでいるママさんは多いと思います。

記事を読む

リゾートバイト おすすめ 場所

リゾートバイトでおすすめの場所は!いくら稼げる?オススメの会社は?

夏のリゾートバイトってどんな所がおすすめなのか場所はどこにすれば良いのでしょうか? お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

節分 恵方巻き やり方
節分で恵方巻きを食べよう正しいやり方!ルールと方角と由来は?

一般的になってきた「節分に恵方巻きを食べる」ということにはどんな意

節分 イベント 東京 おすすめ
節分のイベントで東京のおすすめは?恵方巻きはと豆まきの正しいやり方!

ことしも節分の季節が来ました、イベントも東京では沢山行われます。そ

エッセンシャルオイル 効能 肌荒れ
エッセンシャルオイルの効能は?肌荒れ解消化粧水のおすすめと手作りも!

冬になると、顔だけでなく全身の肌荒れが気になりますよね。アロマのエ

確定申告 帳簿の付け方 白色
確定申告の計算はエクセルで無料で!初心者の自営業の経理のやり方は

確定申告の計算をエクセルで無料でしたい!今年初めて青色申告で確定申

確定申告 帳簿の付け方 白色
確定申告の帳簿の付け方で白色申告と青色申告!どちらを選ぶ?

確定申告の時期になると慌てて申告書を作成する人も多いと思います。ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑